ケガの多いスポーツとは?(中学校編)

こんにちは!
スポーツ整体リハシルの小森田です。


本日はケガの発生率と発生件数の多いスポーツランキングを公表したいと思います。

これは日本スポーツ振興センター資料より引用したもので、課外指導における事故防止対策調査研究報告書になります。

怪我の発生率・発生件数共に高くなっているのがバスケットボールです。
その他には、怪我の発生件数は少ないものの、割合が多くなっているのが柔道や相撲です。


やはり組み合ったり投げたりするスポーツですので怪我の頻度が高くなることが予測できます。

サッカーについてはルール的には接触プレーのない競技ですが、激しいスライディングだったり足が絡まって転倒するなども起こります。
さらに、運動量も多く長距離を走ることになるため、特に足首へ負担がかかるので捻挫が多くなっています。


必ず予防できるケガもありますので、何かありましたらお気軽にお問い合わせください。


スポーツ整体リハシル
代表 小森田献人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です